BLOG

振袖のお役立ち情報を発信中

【ママ振袖コーディネイト】今と昔でどう変わる?比べてみよう!パート2

寸法直しについてや、メンテナンスのこと、和装小物のことなどについて書いてきましたが、
今回は、ママ振袖の、ママ時代のコーディネイトと、現在の小物と合わたコーディネイト、
でどの位変わるかの検証、パート2です!!

 

 

ママ時代コーディネイト

ママ時代を再現してみました!

優しい黄色地の振袖に、裾模様の振袖ですね。
淡い色の帯に、オレンジピンクの重ね衿と帯揚げ、帯締めでまとめています。

ママ時代と現代のミックスコーディネイト

帯と半衿のみ変えました。

帯のは地色は金ですが、濃くカラフルな花柄と黒の模様が入ることで、
黄色い振袖になじむことなく映えています。
帯が変わることで、だいぶ雰囲気が変わりますね。
そして、半衿を刺繍に変えることにより、お顔周りが華やかになります。

ママ振袖現代コーディネイト

振袖のみ、お母様の物を使いました。

帯は、金地が豪華でカラフルで華やかな花柄ですが、
黒い柄で淡い黄色の振袖にしまりを出しています。
ほぼ無地の上半身には、半衿と重ね衿には6色の色を重ねて華やかにしました。
振袖に柄が少ないので、重ね衿に6色あっても重たくなりません。
帯が濃い色になったので、帯揚げや帯締めも赤や紫でも合うと思います。

まとめ

今回は、淡い色のママ振袖パターンでした。
全体的に淡いと上品な印象にはなりますが、今のカラフルな振袖と比べると、
物足りなく感じるかもしれません。
そんな時は、帯だけでも華やかなもの、しまるものに変えると雰囲気が変わりますね。
振袖に柄が少ないのであれば、衿にボリュームを出すのもいいと思います。

WEBでのご予約はこちら

来店予約来店予約は
こちらをクリック