BLOG

振袖のお役立ち情報を発信中

【成人式 振袖】帯締めの役割と種類~振袖で使える種類は?~

今回は、帯締めの役割と種類についてです。
帯締めは、帯を締めたあと帯の中央あたりに締める最後の紐(ひも)のことです。
このひもって何だろう?使わないといけないの?と思われる方もいるかもしれませんが、振袖を着るときには必ず使う小物なんです。振袖のみならず、女性用の特に礼装用の着物には必要です。
コーディネートでも重要な小物である帯締め、振袖で使える帯締めの種類についても解説します。

☆振袖専門館花舎の振袖コレクションはこちらから☆
色別やジャンル別でたくさん載ってます♡
↓↓↓↓↓↓

https://kasya.jp/furisode/

帯締めの役割

着物を着る時には、帯を締めます。特に振袖や訪問着、留袖のような礼装用の着物の時は帯をしっかり固定するために、帯締めを帯の中央あたりに締めて緩まないようにします。浴衣などに合わせる半幅帯やへこ帯には、帯締めは必要ありません。帯締めは着付けに必ず必要なもので、しっかりとした長さと強さを備えた物になっています。昔は帯締め、帯揚げ、重ね衿の3点の色を合わせるのが一般的でした。しかし最近は2対1の配色や3点ともバラバラにコーディネートすることもあります。そして選ぶ色は、振袖や帯の柄に使われている色から取ると収まりのいい見た目になります。振袖や帯を引き立てる大事な部分で、取り合わせによって雰囲気や色彩のバランスもかなり変わるので、コーディネートの重要なポイントです。

帯締めの種類

帯締めの中でも最もよく使用されているのが「組紐」です。組紐は人や物との縁を結ぶ「縁起物」とされています。組紐には伝統的な「組み方」がたくさんありますが、ここでは振袖用に用いられる代表的な物をご紹介します。帯締めの種類には「組紐」「丸くげ」の2種類があります。組紐は組み上がった紐の形によって名称が変わり、振袖で使われるのは平組、丸組の2種類です。

平組

平組紐は最も格式が高い組紐で幅の広いものは振袖や留袖などの第一礼装に使用します。表面が平たい形状の「組紐」です。振袖用の帯締めとしては、幅が約13mm(四分紐)または、それ以上の幅広タイプが一般的です。平組の帯締めは、細かくきっちりと組まれており硬くてほとんど伸縮せず、平面で固定するのでしっかり締まります。平組のシンプルさを生かして、カッコよくモダンなデザインの振袖に合わせてもいいですし、帯飾りを付けても個性が出せますね。

丸組


断面が丸くなるように立体的に組んだ組紐が「丸組」です。一般的には丸組の帯締めは平組の次に格式が高く、振袖には華やかな帯飾りなどがついた丸組帯締めが多く使われます。
また、丸組の帯締めは、柔らかくて結びやすいため、様々な変わり結びができるというメリットがあります。
振袖用の丸組の帯締めはアレンジ結びができるように、あらかじめ飾りひもが付いていたり通常の帯締めよりも長く作られていることが多いです。結び目が2つ並んだ「藤結び」や、花びらのように結ぶなど、色々なアレンジ結びを楽しめます。

丸ぐけ

組紐の帯締めと並んで、振袖用などの帯締めとして使用されるのが「丸ぐけ」の帯締めです。生地の中心に綿や布の芯をつめて、筒状に丸くくけ縫いにするのが「丸ぐけ」です。振袖以外でも、花嫁衣裳や七五三の女児のお祝い着にも、「丸ぐけ」が使われます。綿が入っているのでふっくらした感触ですが、太さのあるタイプなら結んだ時にも安定感があります。最近では、丸ぐけの先に飾りひもなどが付いたものもあり、見た目が可愛らしいのでレトロ柄の振袖や古典柄の振袖によく似合います。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、帯締めの役割と種類についてでした。
帯をしっかりと固定するための役割と、振袖で使うときは組紐と丸ぐけが使えます。振袖用の帯締めは、あらかじめ華やかな飾りがついているが多く選ぶのも楽しいですね。
次回は、帯締めの具体的なアレンジの仕方をご紹介です。

☆振袖専門館花舎の振袖コレクションはこちらから☆
色別やジャンル別でたくさん載ってます♡
↓↓↓↓↓↓

https://kasya.jp/furisode/

WEBでのご予約はこちら

来店予約来店予約は
こちらをクリック