ブログ

振袖にピアスってNGなの?成人式でのアクセサリーの基本マナーとは!?

振袖を着るときにアクセサリーはつけても良いのか、悩んでいる方もいるかと思います。
振袖にはピアスがタブーというお話を、どこかで聞いたことがある方もいるのでは?
今回は、想い出に残る素敵な成人式を迎えられるように、ピアスのことや基本的なマナーをご紹介していきます!

振袖を着るときにアクセサリーがタブーと言われる理由は??

もともと着物を主に着ていた時代には、現在のアクセサリーのような煌びやかな装飾品はありませんでした。
その時代の習慣が、着物を着る際にアクセサリーを身につけることがタブーとされた由来となっています。
アクセサリーを付けなくても、振袖の色目や柄はとても美しく鮮やかなので、それだけで十分なのかもしれませんね。
振袖は成人式などの晴れの舞台や結婚式などで、未婚の女性が着ることができる『第一礼装』です。
『その分、きちんとした正装を』と考える方が多く、アクセサーなどを付けることは非常識と考える方も多いため、付けない方が無難であるともいえます。

振袖を着る時の基本マナーって??

現代では、普段は洋服を着ていて振袖や着物は特別な時に着る物になっています。
文化は時代とともに変化するものですので、振袖や着物についてのアクセサリーマナーも現代風に変わってきています。
現代では振袖や着物を着る際に、アクセサリーを着用することが全くいけない訳ではありません。
実際に花舎でご成人式を迎えられ、撮影などをお手伝いさせていただくお客様の中でも、ピアスやアクセサリーを楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいます。
「着る機会が少ない分、着る時はとびっきりお洒落に決めたい!!」と思う女性も多いと思います。
振袖の柄やコーディネート自体も、昔では考えられなかったような煌びやかな物が沢山ある中で、アクセサリーだけが昔のままNGというのも違和感があるかもしれません。
ただ、正式な礼装としてきちんと振袖を着る場合や、公的な場であれば『アクセサリーは付けないことがマナー』と考える方が多くいる、という事を知っておくのも大切なことかもしれませんね。

成人式のお振袖|振袖の基本マナー

ピアスやイヤリングのマナー

ピアスは振袖や礼装の着物の際は『してはいけない』と思っている人が多いので、ピアスをつけていると『あの人は、振袖のマナーを知らないのだな』と思われてしまうかもしれません。
ただし先程も挙げたように、現代の風潮としては髪飾りやコーディネートなども華やかになってきているため、アクセサリーに関してもそこまでシビアにならなくても良いのかもしれませんね。
実際に着物に合いそうな和テイストのピアスやイヤリングなどが沢山販売されているので、特別な日だからこそ、着物に合わせて購入したくなってしまいますよね。
ただ、きちんとした礼装をできるだけ崩したくないという方は、パールなど小さいもので耳にぴったりとくっつくタイプの物を選ばれるのがオススメです。
お洒落感を抑えたい場合は、ゆらゆらと揺れるようなタイプのものはやめておきましょう。

振袖にピアス

指輪のマナー

指輪は結婚指輪や婚約指輪など、基本的にはいつもすることになっているもので平たいタイプのものならつけても問題ありません。
ただ、着物は高価なものですので、振袖の生地や帯の生地に引っかかってしまうようなデザインのものはあまりおすすめできません。

ネックレスのマナー

ネックレスもマナーというより着付けの問題として、付けてもあまり見えなくなってしまうため、付けない方がよいでしょう。
振袖は刺繍の半衿や重ね衿などでお洒落を楽しみます。
そのため、首元にネックレスがくるととても違和感が出てしまいます。

振袖の衿元

その他のアクセサリーや装飾品について

現代の風潮としては、振袖の柄やコーディネートに合わせて、髪飾りの代わりに帽子やチュールを合わせたり、手袋をしたりして振袖をお洒落に楽しむ方も増えてきています。
一生に一度の記念日ですから、思い切り自分のスタイルを楽しむのも素敵ですね。
ただ、ご家族様の中で『やっぱりきちんとした伝統的なスタイルで…』と考えている方もいるかもしれませんから、そういった場合は前撮り撮影と成人式当日で装飾品を使い分けるのも良いかもしれません。

振袖に手袋

まとめ

アクセサリーについての考え方は少し『保守的』かもしれません。
振袖や礼装の場合には、洋服を着る時の着飾りの考え方とは違い、着物という古典的な美しさを大切にし、振袖の柄や帯結びなどを楽しむことがお洒落につながります。
マナーは人によって感じ方も異なりますし、時代によっても変わります。
成人式自体も『正式な式典』というよりは『二十歳のイベント』という感覚の方も多いのではないでしょうか。
マナーを知った上で『この振袖にはどのようなアクセサリーを合わせられるのかな?』『この場ではやめておこう』など考えるのも、振袖や着物を着る楽しみのひとつかもしれませんね。

振袖専門館花舎は、
名古屋市、春日井市、日進市、小牧市、尾張旭市、豊山町、
瀬戸市、長久手市、多治見市、などの愛知県、岐阜県の方にご利用頂いております。
お振袖選びご相談はお気軽に振袖専門館花舎(かしゃ)へ!!

親子無料相談会受付中 / 来店予約が便利です / ご予約するとお得な特典