BLOG

振袖のお役立ち情報を発信中

成人式の振袖選び、オススメ時期は?~振袖を早く決めるメリットと注意点~

成人式の振袖選びのオススメ時期~振袖を早く決めるメリットと注意点~

成人式に振袖を着るためにみんなはいつ頃、買ったり、借りたりするのでしょうか?
友達から「振袖見て来たよ」という話を聞いたり、お店からパンフレットが届いたりすると少し焦りますよね。
今回は、振袖選びのオススメ時期をご紹介していきます。

成人式で着る振袖の準備はいつするの?

多くの振袖店では毎年成人式が終わるとすぐに、翌年や翌々年の成人式に向けてのレンタルや販売が始まります。
お店からの電話勧誘やダイレクトメールなどが一番多くなるのもこの時期。
また対象となるお嬢様が、大学生や高校生など学生の方が多い年齢ですので、夏休みの時期も多くのイベントが開催されています。
お店によっては大きなホテルなどの会場で振袖をいっぱい集めて展示会を行ったり、決算セールなどと合わせて振袖の販売に力を入れるところもあるようです。
年々振袖選びの時期が早まっている傾向にありますので、パンフレットなどが届いたら「早すぎる」と思わず、成人式の準備をするために少しずつ気持ちを向けてみて下さいね。

早い時期に振袖を選ぶ最大のポイント!

なぜ早い時期に振袖を選ぶのがオススメなのか、最大のポイントは、成人式当日のヘアーメイクや着付け準備の予約が有利になるから。
成人式準備の順番取りは、振袖を選ばれた方から順番に行うお店が多いと思います。
もちろん、花舎もそうです。
予約が遅くなってしまうと、早朝3時・4時などの時間帯にヘアーメイクや着付けをしなければいけなくなってしまうので、当日の早起きが大変になってしまいます。
振袖が決まったら「そのお店で成人式当日の準備をするのか?他の美容院でするのか?」を検討しましょう。

振袖をご購入やオーダーレンタルにされる場合

新品の振袖は通常、生地を着物の形に仮縫いした【仮絵羽】とよばれる状態で店頭に並んでいます。
お店に置いてある【仮絵羽】は、お嬢様のサイズに合わせて購入やオーダーレンタルという形でご利用いただけます。
新品ということは、もちろんお手元に届くパンフレットに載っている新作も多いのが【仮絵羽】です。
人気の柄からどんどんなくなっていってしまうので、気に入った柄目があれば早目にお店に見に行くのがオススメです。
さらに【仮絵羽】は、お客様に振袖を選んでいただいてから「検品→加工→仕立て→検品」と、多くの人の手を借りて振袖の形に仕立てていくので、花舎では出来上がりまでに4カ月ほどの期間をいただいています。
反物の汚れやキズなどのお直しの必要がある場合を考えて、時間に余裕を持ってお振袖選びをされることをおすすめします。

成人式 振袖 古典柄 レンタル 購入 振袖店

振袖をプレタレンタルにされる場合

プレタレンタルのお振袖は、お仕立て上がりなのですぐに着ることができるのが特徴。
成人式後に振袖が返却された時が、お店の振袖が一番多く見られるタイミングです。
より多くの振袖の中から選びたいという方は、 振袖が返却されたものが店頭に並んでいるのか、お店に問い合わせてから来店してもいいかもしれません。
また、リーズナブルな価格が魅力なプレタレンタルは平均的なサイズで仕立ててある振袖が多いので、大柄な人や小柄な人のサイズがもともと少ないため、振袖選びが遅くなってしまうと選択肢が限られてしまいます。

成人式 振袖 古典柄 レンタル 振袖店

最初はレンタルのつもりだったけど…

レンタル料が思ったよりも高くて結局購入することにした、ということはよくある話です。
この場合も早めに振袖選びをされていれば、スムーズに軌道修正できます。

ママ振袖や親戚の方などに振袖を借りて成人式を迎える場合

ママ振袖など手元に着る振袖がそろっている場合、成人式の予約はギリギリでも大丈夫、と思っていませんか?
振袖がある場合でも、成人式当日のお支度予約は先着順で決められる場合が多いため、早目の準備が必要なんです。
また、いざ振袖を羽織ってみたら、シミが気になったり、お嬢様の体系に合わなかったりして慌ててしまうこともあります。
ギリギリになってお直しが間に合わず、体に合わない振袖で成人式に出席…なんてことにならない為にも、早目にお店に行って準備を進めましょう。

お嬢様が実家を離れて暮らしている場合

お嬢様の帰省に合わせて振袖を見て回るなどの段取りが必要です。
パンフレットなどが届き始めた頃から、振袖の好みやお店のシステムなどを見て振袖選びの準備をしておけば、帰省されたタイミングでスムーズに振袖選びをすることができますよね。
また、前撮り撮影も帰省に合わせて日程を調整しなければいけないので、その旨あらかじめ店員さんに伝えておくと安心です。

成人式の振袖を予約した後で変更することはできるの?

早く振袖選びをして、ヘアーメイクや着付けの予約もばっちり!…だけど当日までは1年近くあるし、気が変わって違う振袖に変更したくなるかも…と悩んでしまう方も多いのでは?
他のお店から届くパンフレットを見たり、お店に飾ってある振袖が目に入ったりして
「もしかしてこっちの方が似合うかも?」「やっぱり違う色の方が可愛かったかな?」など…好みが変わってしまわないか不安になりますよね。
変更したくなった時のことを考えて、キャンセル料が発生するかなど、契約時にしっかりと説明を聞いておくと安心ですよ。
プレタレンタルの場合は変更がきくお店が多いですが、購入やオーダーレンタルの場合は、ご契約後(入金後)にすぐに仕立ての段階に入っている場合が多いので、振袖の変更はできない可能性が高くなります。
でも振袖選びの場合、何着も試着をして時間をかけて選ぶので、変更を希望される方はほとんどいないのが現状です。
後で悩まないためにも、早いうちからパンフレットをたくさん見て、自分の好みをしっかり固めて、自分にとって一番の振袖を見つけちゃいましょう。

まとめ

振袖選びの時期はそれぞれのご家庭の事情によると思いますが、早く準備をされた方が多くのメリットがあります。
最近では成人式の2年前の高校3年生の時期から準備をされる方も多くなってきています。
お店側もそれに合わせて早め早めにお知らせをさせて頂いていますので、パンフレットが届きだす頃が準備を始めるスタート時期の目安と考えてみて下さい。
早めに意識してご自分が振袖を着るイメージを持ったり、お店のリサーチなどをすることで、後悔しない振袖選びにつながります。
成人式当日の事もイメージしながら成人式が最高の想い出になるよう、楽しんで振袖選びをしてみてくださいね♪

振袖専門館花舎は、
名古屋市、春日井市、日進市、小牧市、尾張旭市、豊山町、瀬戸市、長久手市、多治見市、などの愛知県、岐阜県の方にご利用頂いております。
お振袖選びご相談はお気軽に振袖専門館花舎(かしゃ)へ!!

親子無料相談会受付中 / 来店予約が便利です / ご予約するとお得な特典